「エネルギーで癒す」とは

2022.04.01.

もくじ

まず「癒す」って何?

「わ~~、癒される~~」とか「癒された~」と言う感覚も確かに癒しの一部分だと思いますが、これを「わ~、リラックスする~」とか「リラックスできた~」と言い替えて同じならば、それは「本当の癒し」とはちょっと違います。

「ほんとうの癒し」はリラックスの先にあるものです。

それは「癒されることで現実が変わっていくこと」
そして「深い喜びを感じられる」ことに近いかもしれません。
もちろん程度の差はありますよ。
※「現実が変わる」とは、自分の見方、捉え方が変わることです。見方、捉え方が変わることによって選択が変わり「現実が変化していく」ということです。
「自分にとって嫌なことがなくなる」ことではありません。

「エネルギーで癒す」とは

誰であっても、何であっても、エネルギーがないと成り立たないし、保てません。
「エネルギーで癒す」とは、文字通り、エネルギーでエネルギーに働きかけて癒しを進めていくことです。

  • 癒しは「自分」と思っている自分より大きな自己であることに気づくこと。
  • 本質と繋がっていると感じられること。
  • 喜びと共に人間らしい苦しみも抱えていることを受け入れらること。
  • カラダが楽になり、動きやすくなること。
  • 気分や感情的滞りがスッキリして、クリアになること。
  • パターンを変える力を付けること。
  • 限界がある人間であることを受け入れること

など多岐にわたり、言葉で言いつくすことは無理なものです。
提供しているエネルギーの視点からは、一般的な心と身体以外の世界があること。
そして、人生はこの人生だけではないこと。が前提です。

スピリチュアルと現実世界

主にエネルギーフィールドに働きかけますが、人間にはエネルギーフィールドより深いもがもあり、その深いものの奥にはその人の源、本質があります。

今のあなたに必要な癒しはエネルギーに表われ、それは身体かもしれませんし、心かもしれませんが、全てが繋がりあい重なり合っています。

スピリチュアリティなしには人は希望を見出すのに苦労するでしょう。
希望(光)がなくては、人は生きていくことが難しく感じたり、スピリチュアリティなしには何かが欠落している感覚を深いところで感じます。

この人生での自己に向き合い、自己の痛みや苦しみを理解して通り抜けることは、あなたの内なる霊、または高い精神性が導くものです。
永遠を垣間見て、世界が目に見える世界だけではないことを思い出し、この現実を体感できるものです。
それはこの現実をありのままに見るための取り組みから始まります。
まずはありのままに見えるように努めること、だからと言って完璧に見えるようになることはないこと。
精神性ばかりで身体を置き去りにすることなく、物質世界だけで高い精神性をないがしろにすることなく、両方を理解、身に付けて、高い精神と身体を一致させていくこと(決して大げさなことではありません。些細に見えることも一致していることはたくさんあり、大きくてすごいなと見えることが一致しているとは限らないのです。)で、深い癒しが起きるのです。


もくじ
閉じる