疲れがとれない、疲れの蓄積

疲れがなかなか取れなかったり、蓄積していく原因はいろいろです。

でも、大きく分けると「肉体的疲労」と「精神的疲労」に分けられると思います。

ネットに疲れに関しての情報があふれているは、検索して調べている方がたくさんいるからでしょう。

忙しく動くことが要求されてしまう現在(特に都心はエネルギーがそんな感じですよね)、どうにか疲れを取ってスムーズに次のことに取り組みたいと誰しも思うでしょうし、疲れたまま動くのはつらいのでどうにかしたいですよね。

分かっているけど、できない=すでに頑張りすぎている

良く言われるのが、下の3つ。

  1. 食事を変えてみましょう。
  2. 適度な運動をしましょう。
  3. 睡眠をちゃんととりましょう。

 

でも、それが出来たら苦労しないと思いませんか??

そしてできない自分を責めたりしていませんか??

 

必要な行動にスムーズに移行できないのは、 エネルギー不足または神経系のバランスが崩れているからです。

もちろん、全てがそうなわけではありませんが。。。

しかし、自分の経験からですが、「エネルギーが回復してきたら」、「神経系のバランスが取れてきたら」、少しずつでも望ましい方向へシフトしようと具体的な行動ができるようになるのです

理屈じゃなくて、意志の力で頑張るのでははなくて、です。

また、必要だと思っているだけで、実際は必要じゃないこともたくさんあるので、それを見分けることでもできるようになってくるでしょう。

 

まずは自分ことを「本当のエネルギー状態に満たすこと」、「神経系のバランス(本来の神経の動き)を取ること」が疲れを取るために重要なのです。

疲れが取れやすくなり、溜まりづらくなる。

エネルギー不足を回復させて、コンスタントに自分のエネルギー状態を保てるようになってくると、疲れづらくなり、回復力も上がり、何より、自分が自分でいられるようになってくるでしょう。