全てが等しく重要だけど

すべてのチャクラは機能しています。

「チャクラが閉じている」と表現されたりしていますが、閉じたり開いたりするものではありません。

ただ、未発達、健康、過剰、の違いがあります。

それは、発達心理学にも対応・影響していると共に、身体機能の発達にも対応・影響しています。

 

人にはそれぞれ、得意なまたは自分なりに安心できるエネルギー帯域があり、それもチャクラに対応しています。

「どうもあの人のことがわからない、話してても通じない感じがする」ということがありませんか?

それは、「普段いる場所(帯域)」違うのです。

そしてそれは個性でもあります。

 

一方で、「いる場所は個性」と言えても、健全かどうかはまた別の話です。

すべてのチャクラは生きており、アンバランスではあっても機能しています。

しかし、何がしかの不具合が生じている場合、チャクラのバランスも過剰に乱れています。

 

そして、すべての土台である1チャクラが健康、健全であることは、その上に積みあがっていくチャクラの健康度・健全度に影響します。

 

すべてのチャクラを「フルに健全に」は理想ではありますが、理想よりも今必要なこと、現実をより良く生きるための1歩が重要です。

その1歩を積み重ねていくことで、フルに健全に近づいていけからです。

 

そして、チャクラのヒーリングでは1歩目、始まり、は常に1チャクラからです。

また、全てのチャクラがバランスよく機能していても、成長の段階はあなたが望む限りずっと続きます。

チャクラのヒーリングを受けることで、より自分の内面が整理され、何が必要で何が不必要なのかクリアになって行くでしょう。